私たちは、お客様の信頼を得るために関係法令等の遵守・社会的規範・倫理に基づき、誠実かつ公正な行動に努め、健全かつ適正な業務運営を行い社会的な信頼を確立して参ります。 信頼を維持、向上させるべく高い企業倫理を確立し、経営者をはじめ全役職員が「行動指針」「反社会的勢力に対する基本方針」に則り、コンプライアンス意識の徹底を図って参ります。

社会との関係

社外関係者との適正な取引関係の確立
業務上の地位を利用し、不当な金品の受け取りや、社会通念上不相当な接待や贈答を受けることは行わない。

反社会的勢力に対する姿勢
暴力団、総会屋、テロ集団等の反社会的勢力による圧力があった場合は、会社をあげて毅然とした対応をする。

人権の尊重等
人権を尊重し、不当な差別のない公平・平等な対応をする。 セクシャル・ハラスメントなどの人権侵害を行わない。


業務遂行上の規範

関係法令等の遵守
食品衛生法等の法令や業務遂行に関連する社内規範等を遵守する。
独占禁止法、商取引法関連法令等を遵守する。
著作権、商標権、特許権等の知的財産権を尊重し、権利侵害防止に十分留意する。

適正な営業活動
営業に係る法令等、社内規範等にもとづき、適正な営業活動を実施する。
取引先との契約に関しての異動・解約請求について迅速かつ適正に対処する。
特定の取引先に対して不公正な取扱いを行わない。

適切な情報管理
個人情報は、関係法令や会社規定に従った厳格な管理を行い、契約者等のプライバシーを侵害しない。
機密情報については規定に従い適正に管理し、権限者のみ開示できるものとする。
利益相反の禁止 会社の利益に反して、自分や第三者の利益につながるような行為は行わない。


報告

全役職員(派遣社員等を含む)は、この行動規範、法令等、社内規定・ルールに違反した行為を発見した場合は、社内ルールに従って報告・相談しなければならない。

不適切な行為を発見した者が社内ルールに従った部内の報告・相談を行うことが適当ではないと判断した場合には、コンプライアンス部門へ直接連絡することができる。
18videosexミヤナキテタ/サニノォヘ/ムヌヨ゙ムヌヨ゙ノォヒャテ箙ムハモニオ/マ羣ロネシカフィヘ衒シカヤレマ゚イ・キナ